水土里ネットながの‐長野県土地改良事業団体連合会

農業農村工学会著作賞受賞=信濃の疏水=

2018年09月18日

公益社団法人農業農村工学会の主催による、平成30年度農業農村工学会大会講演会・学会賞受賞式が、9月4日、京都府京都市「京都大学吉田キャンパス 百周年時計台記念館」で開催されました。

学会賞の中で著作賞は、農業農村工学に関する学術・技術の進歩に貢献した創意ある優秀な著作物の作成者に授与するもので、全国で3つの著作物に対して、同日開催している農業農村工学会大会講演会に引き続き授与式が行われました。

今回、本会と長野県農政部で作成した「信濃の疏水」が受賞し、本会の赤羽昭彦常務理事、長野県農政部の所弘志農地整備課長が共同で受賞しました。

選考にあたっては、①月刊誌「ながの農業と生活」に9年間にわたり、長野県内の疏水の歴史や現在の姿について丹念に調べ上げた記事を写真と共に紹介し、100回分の連載を1冊にとりまとめた。②疏水を背景にすることにより土地改良事業の計画・設計・施工・管理等が、農業土木技術者により実施されていることが良く理解でき、疏水に対する意識の向上に役立つ。③インターネット上でも閲覧することができ、地図で総覧しながら見たい地域の記事を自由に読むことが可能となっており、農業農村工学分野に対する社会的認知度の向上につながる。以上が評価されました。

 

 

 

 

 

IMG_8032

 

 

 

IMG_8035

 

    学会賞受賞者全員での記念撮影の様子 受賞の楯と「信濃の疏水」を持つ赤羽常務(右)と、所課長の代理に出席した農地整備課水谷担当係長(左)

 

長野県土地改良事業団体連合会(水土里ネットながの)

〒380-0838 長野市大字南長野字宮東452番地の1
TEL 026-233-4281 FAX 026-238-0497

E-mail : info@nag-doren.or.jp

このページの
トップへ戻る