水土里ネットながの‐長野県土地改良事業団体連合会

令和元年度臨時総会及び講演会を開催

2019年07月23日

本会は、7月11日、長野市の土地改良会館で令和元年度臨時総会及び講演会を開催しました。

臨時総会では、はじめに藤原会長があいさつし、所参事兼農地整備課長、進藤金日子参議院議員馬籠政策秘書より来賓あいさつをいただいた後、議事に入りました。

議事では、「平成30年度事業報告及び収入支出決算並びに財産目録の承認」、「令和元年度収入支出補正予算(第1号)(案)議決」についての2議案が提出され、全て原案どおり承認議決されました。

 

  会長 - コピー - コピー  zenntai - コピー
       あいさつする藤原会長          臨時総会の様子

 

その後の講演会では、長野堰土地改良区(群馬県)の松澤係長より「土地改良区資産の有効活用について」と題して、土地改良区が行う地域住民への啓発活動、多面的機能支払の取組、複式簿記の導入についてお話をいただきました。

続いて、本会事業課土地改良区支援室の小山田室長が、改正土地改良法に伴う土地改良区の支援について話しました。

 

IMG_9868 - コピー

 

        講演会の様子

 

Q&A

Q①土地改良区で監事が役員に改善を求めた具体的な事例を教えてほしい。

A改善を求めた事例として、「賦課金の未収の解消」、「賦課金徴収の取組強化」、「会計種別毎に会計書類を整備」、「印鑑・通帳の保管方法等の見直し」、「資産等の台帳の整備」などがあります。

 

Q②理事の5分の3以上は耕作者とするが、耕作者の確認はどのようにするのか。

A理事候補者から耕作者であることの申出書等の提出を求め、必要に応じて土地改良区が農業委員会の農地台帳の記録で確認していただくことになります。

 

Q③複式簿記に向けた経理講習会の受講あるいは事務指導は受けられるのか。

A10月24日に全土連主催の「複式簿記導入促進特別研修会」を長野県で開催予定です。

 

Q④「監査の手引き」等の参考図書はあるか。

A全土連の刊行物をご活用ください。

・改訂版 土地改良区組織運営の手引

・改訂版 土地改良区監事の監査実務の手引

http://www.inakajin.or.jp/(全国水土里ネットHP)→刊行物の紹介→不定期刊行物の紹介よりご覧いただけます。

 

 

 

 

 

長野県土地改良事業団体連合会(水土里ネットながの)

〒380-0838 長野市大字南長野字宮東452番地の1
TEL 026-233-4281 FAX 026-238-0497

E-mail : info@nag-doren.or.jp

このページの
トップへ戻る