水土里ネットながの‐長野県土地改良事業団体連合会

国会議員への要望行動の実施

2018年06月19日

藤原会長ほか役員8名が、6月13日に、第60回通常総会決議事項を、政府与党国会議員に対して要望行動しました。

吉田博美参議院自由民主党幹事長は「農業水利施設の老朽化対策のため、予算の確保が必要なことは充分理解している。予算及び制度の拡充等を安倍首相に伝えてあり、政府与党としてしっかり取り組んでいく」と述べられました。

宮下一郎衆議院議員は「高齢者が中山間地で営農している長野県において、ICTを使った農作業の自動化・遠隔化等の新たな投資によって、離農者減少等の課題解消ができるよう一緒に考えていきたい」と述べられました。

務台俊介衆議院議員、進藤金日子参議院議員は「地域の要望実現のためには、当初予算獲得であることは承知している。現地調査に伺い、地域の声を直接聞き、要望実現のため、土地改良関係者と一緒に取り組んでいく」と述べられました。

この他、後藤茂之衆議院議員、太田昌孝衆議院議員、宮島喜文参議院議員に対して要望行動を実施しました。

その後、農業農村整備事業の一層の充実と推進を期することを目的とした、全国土地改良事業団体連合会主催の「農業農村整備の集い」に参加しました。

 

 IMG_7664  IMG_7689
  吉田博美自由民主党参議院幹事長への要望      宮下一郎衆議院議員への要望
 

IMG_7733

 

IMG_0001

 

 

    進藤金日子参議院議員への要望

 

  務台俊介衆議院議員への要望

 

IMG_7802

 

 

 

 

 

 

       農業農村整備の集いの様子

 

 

 

 

 

 

 

長野県土地改良事業団体連合会(水土里ネットながの)

〒380-0838 長野市大字南長野字宮東452番地の1
TEL 026-233-4281 FAX 026-238-0497

E-mail : info@nag-doren.or.jp

このページの
トップへ戻る