信濃の疏水

長野地域

ホタル舞う豊かな水辺 善光寺平用水(ぜんこうじだいらようすい)

善光寺平用水

長野市のほぼ中央に位置する善光寺平は、国宝善光寺を中心に拓けた、水稲や果樹栽培が盛んな地域です。そして、この地域の農地を潤しているのが、疏水百選に選ばれている「善光寺平用水」です。
善光寺平用水は、江戸時代から裾花川を主水源としていましたが、干ばつが続くと水源が乏しくなることから、渇水期には水の利権をめぐって各地で水争いが繰り返されてきました。特に大正13年の異常渇水では、検挙者やけが人が多数出るなど、大変な騒ぎとなりました。
昭和に入り、古くから続く水争いの根本的な解決を図ろうと、頭首工や各用水施設を総合的に整備するとともに、犀川から揚水して補給水を確保する改修計画の気運が高まり、県営善光寺平農業水利改良事業(昭和6~11年)により整備がなされ、安心して農業を営むことができるようになりました。
近年、善光寺平も都市化が進み、農業地帯に灌漑すること以外に、都市部の雨水排水を受け入れる排水路としての役割も担っています。また、ホタルなど様々な生物が生息する生態系豊かな用水でもあり、近隣の小学生や地域住民による植樹などの活動も盛んに行われています。
2009年5月掲載
これからも善光寺平の農業地帯に潤いを与えるとともに、「ホタル舞う豊かな水辺」は、人と生き物の憩いの場として、多くの人々の心を癒し続けることでしょう。

◦管理団体 善光寺平土地改良区

善光寺平用水
放流の様子