水土里ネットながの‐長野県土地改良事業団体連合会

農の営みをささえる“信濃の疏水”

長野県内の「疏水」の歴史や水利構造物に関する資料を掲載しています。

本資料は、月刊誌「ながの農業と生活」(長野県農業改良協会発行)の巻頭写真に、平成20年1月号から掲載している「農の営みをささえる“信濃の疏水”」が、100回目の連載を迎えたことを機に、ライブラリとしてまとめたものです。
それぞれの資料は、貴重な歴史や価値のある疏水が、農業者のみならず、地域住民や都市の人々を含めた国民共有の財産として理解され、次の世代に確実に引き継がれて欲しいとの思いから、長野県の農業土木技術職員が9年にわたり執筆したものです。

 

農の営みをささえる“信濃の疏水”

「疏水」とは

農業用水路など利水を目的に造られた水路の総称を疏水と呼んでおり、ここでは、農業用ため池も含めて紹介しています。
稲作文化の発展とともに地形や厳しい気象など様々な困難を克服すべく、挑み続けてきた先人たちの努力と英知の積み重ねによって現代まで大切に受け継がれています。
農産物の生産に必要な用水を供給することはもちろん、地域の文化や伝統とともに歩んできた歴史があり、故郷の景観を織りなし、生き物を育むなど、多様な役割と魅力を兼ね備えています。

 

 

※各地域をクリックすると疎水がご覧いただけます。
先人の偉業を称える「五郎兵衛用水」
蓼科の清らかな伏流水を美田へ「塩沢堰」
浅間山麓の新田を潤す「御影用水」
地域に恵みを与える「女神湖」
レタスを育てる千曲川源流の水「梓山畑地灌漑用水」
堰開削の思いを受け継ぐ「八丁地堰」
白樺に囲まれた高原のため池「八千穂レイク」
太陽の温もり「千ヶ滝湯川用水温水路」
蓼科湧水の旅の終着点「みまき大池」
いにしえの慣わしを今に伝える「鷽ノ口(うそのくち)円形分水」

 

人々の祈りを湛える「塩田のため池」
寡雨地帯の農業を支える「舌喰池」
1300年の悠久の時を経て「吉田堰」
塩田平の農業を支える「沢山池」
台地の疏水「八重原堰」
巨石を積み上げたロックフィルダム「横堰池」
地域農業の礎「塩川堰」
千曲川の息吹を注ぐかんがい用水「六ケ村堰」
神川の清流を守り次世代へ「菅平ダム」
清流を運ぶ姿なき「神川左岸幹線水路」
美ヶ原の清流を源に 地域を潤す「大堰」
水資源の恩恵を広くもたらす「依田川頭首工」

 

守り続けてきた流「養川の汐」
県下屈指の高原観光湖「白樺湖」
セルリー畑に恵みの水「御射山・深山の自噴井戸」
四季を映す水面「御射鹿池」
八ヶ岳山麓から清流を運ぶ「柳川三ヶ村汐」
知恵を集めた地域の用水「烏帽子ため池」
繰越堰がもたらす恩恵「神戸堰(ごうどせぎ)」
四季折々の景観が美しい「蓼科湖」
坂本養川が考案した落差工「乙女滝」

 

先人たちの知恵「円筒分水工群」
歴史的農業施設「外記島用水・理兵衛堤防」
分水嶺を越えて木曽から伊那へ「木曾山用水」
満開の桜が彩る「六道の堤」
美しい桜が水辺を彩る「荒神山ため池」
二つのアルプスを眺む「千人塚城ヶ池」
水争い歴史から地域の水へ「東天竜・伝兵衛井共用頭首工」
土地改良事業とともに「美和一貫水路」
170年の苦難の歴史「伝兵衛井筋(春富1号幹線水路)」
自ら水神となり荒れ地を水田に「艶三郎の井」
2つの井筋を6:4の取決めにより分水「横沢井」
農業のため、地域のために、大切な水を運ぶ「伊那西部地区」

 

命の水が地域をつなぐ「竜東一貫水路」
いにしえよりの流れ「伊賀良井」
飯田地方を貫く大動脈「竜西一貫水路」
農民の願いと夢「恩田井水」
天竜川沿岸の農業を支える「竜東井」
神秘の天然湖「深見の池」
地域繁栄の思いをつなぐ山腹水路「帰牛原井」
人々の食を支えた水路トンネル「大久保沢井」
宿場町の思いを後世につないだ山腹水路「駒場大井」

 

恵みの水「西山畑地灌漑施設」
未来に引き継がれる「下殿用水」
ほ ほ ほたるこい!「中沢用水」
高冷地の稲作を支える「菅大平温水ため池(あやめ公園池)」
愛知用水へ命の水がめ「牧尾ダム」
石積みのアーチが美しい「久保洞水路橋」
上堰・町川用水に復元された幻の滝「旭の滝」
妻籠宿を流れる石積の水路「地蔵沢水路」
湿原の「細島ため池(農業用ため池細島)」

 

安曇野を横切る「拾ケ堰」
美しい農村風景を次世代へ「梓川頭首工」
木曽山中から水を引く「勘左衛門堰」
山に向かって流れる「矢原堰」
繁栄の礎を築いた「四ヶ堰」
緑にかこまれた歴史を刻む「美鈴湖」
水田をうるおす命の水「小田多井堰」
農民の悲願と苦難の結晶「五ヶ用水」
みんなの大切な水の道「波田堰」
北アルプスの水がレタスを育てる「岩垂原」
犀川の清流をポンプアップ いくさか農業を未来に繋ぐ「揚水機場」
梓川の清流を産地に送る「国営右岸上段幹線」
開削200年を迎える「拾ヶ堰」

 

北アルプス山麓の穀倉地帯を潤す「町川」
潤いと安らぎに満ちた「越荒沢堰」
県内初のチロル式渓流取水「平川頭首工」
新田開発のために開鑿「大町新堰」
現代のトムソーヤ達が集まる“わっぱらんど”「上原用水」
沃野(よくや)のうた「高瀬川右岸幹線用水路」
木流しから地域を育む川へ「木流川」
北アルプスの麓 冷害を防ぐ「大沢寺ため池」
北アルプスの麓 清らかな水が流れる「横溝堰」
農業用水を小水力発電に活用「平川頭首工」

 

春を待つ「埴科頭首工」
晩秋の静寂「鏡池」
ホタル舞う豊かな水辺「善光寺平用水」
村を潤す三堰「三水」
樹園地帯を支える「日滝原頭首工」
いにしえから千曲川の水を運ぶ「六ヶ郷用水」
コシヒカリ産地を支える「霊仙寺湖」
名月を映す棚田の水源「大池」
地域の農業を守る「河東排水路」
豊富な水量で地域農業を育む「上中堰」
伝説に彩られた「大座法師池」
先人の偉業 三水を優良農地に変えた「芋川用水」
豊かな自然と水資源「軍足池」

 

住民の熱意で17年「野々海池」
志賀高原からの清流「三本の堰」
豊かな自然と歴史につつまれた「北竜湖」
深い森に囲まれた神秘の池「沼の池」
肥沃な農地を潤す「八ヶ郷用水」
古から雪を生かしおいしい米を育む「茶屋池」と「平八箇郷堰」
郷土の偉人を偲ぶ「奥山堰」
開田への夢と情熱が結実した「野々海池」
奥山に水源を求めた「横倉堰・須賀川堰」

 

農業者によって守られてきた疏水
疏水に関わる水利構造物
疏水に関わる祭事
疏水の登録・百選
疏水が育む信州の農産物

 

 

長野県土地改良事業団体連合会(水土里ネットながの)

〒380-0838 長野市大字南長野字宮東452番地の1
TEL 026-233-4281 FAX 026-238-0497

E-mail : info@nag-doren.or.jp

このページの
トップへ戻る